1分間3ポイントシューティングドリル

公開:2021/02/19

更新:2021/02/22

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

1 Minute 3 Point Shooting Drill

この3ポイントシューティングドリルはシュートにもっていくためのフットワークを練習するには最適のドリルである。リバウンダーなしで行うことができる。

フットワークはシュートが入るか入らないかの確率に大きく影響を与える。特にダウンスクリーンからボールをもらう時、またはシュートを打つために3ポイントラインにカッティングアウトした時にも影響する。

シューターはシュートを打つ前に自分の身体をバスケットに正対させること、そしてシュートを打てる体勢で身構えておく必要がある。これを正しい方法で行うには、繰り返しこのドリルを行う必要がある。

つまり、シュートを打つ前の素晴らしいフットワークを身につけるために多くの時間を割くことは、とても重要になる。

このドリルはパッサーがいなくてもシュート時のフットワーク、そしてシューティングを練習することができる。

同様に、コンディショニングとしてもこのドリルを使うことができる。プレーヤーが速いスピードでこのドリルを遂行すれば、バスケットボールに必要な体力向上にも有効である。

ドリルの目的

フットワークを改善させること、そして正しい方法でシュートを打つこと。

ドリルに必要なもの

ボール1個。

ドリルポイント

このドリルではシュート後自らリバウンドを拾いにいく必要がある。コート上(3ポイントライン内)の全ての異なったエリア(リバウンドが落ちた位置)からボールをスピンさせ、ボールをキャッチし、シュートを打つ練習。

毎回同じフットワークでシュートまでもっていけるように心がける。そして、毎回シュートを打つ時には自分の身体がバスケット(リング)に正対するように注意する。

もしシュート後に身体が傾いている、もしくは横に移動してしまっていると自分で感じた場合は、シュート前に十分にバスケットに正対していない証拠だ。

このドリルでプレーヤーは、1分間で約12本は最低でも打たなければならない。もしも12本に達しない場合は、リバウンド、ミートのスピードが遅いということになる。

ドリルの説明

ボールを持ち、3ポイントラインの内側の好きな位置からこのドリルをスタートする。3ポイントラインの弧の近くのどこかに自分自身でボールをスピンさせる。

ボールをキャッチしたら、いつもの形でシュートの体勢に入り、3ポイントシュートを打つ。シュート後に自分自身でリバウンドを取り、3ポイントラインの近くまでドリブルアウトし、再び3ポイントラインの弧の外側にボールを自らスピンさせ、ドリルを継続させる。

1分間この動作を繰り返し行う。そして何本シュートを決めることができたか、しっかり自分自身でカウントしておく必要がある。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!