1対1プラグ&クローズアウトドリル

公開:2021/07/02

更新:2021/06/14

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

1 on 1 Plug and Closeout Basketball Drill

マンツーマンディフェンスで個々が果たさなければならない大きな責任の1つは、ギャップを埋めること (抜かれたチームメイトを助けること) であり、ボールがキックアウトされた場合にリカバーしてしっかりクローズアウトすることである。このドリルは、まさにその状況に対処するように設計されており、ライブの状況で適切な負荷を与えることができる。

ドリルに必要なもの

ボール1個、コーチ 1 人、少なくとも 2~3人のプレーヤー。

ドリルの目標

ギャップを埋めて、ボールがキックアウトされた場合にしっかりクローズアウトする。

ドリルのポイント

ギャップを埋めるときは、ボールに向かって胸を開かない。ボールが空中にある間にギャップを埋め、キックアウトパスがキャッチされた時点でクローズアウトが完了しているようにする。ハイハンドでクローズアウトし、横にスライドしてオフェンスプレーヤーをカットする準備をする。

ドリルの手順

両ウィングにオフェンスプレーヤーが位置し、ディフェンダーがペイントでドリルを開始する。片方のウィングからドライブし、逆サイドのウィングにキックアウトパスする。

真ん中のディフェンダーは最初のドライブでギャップを埋め、キックアウトでクローズアウトしてリカバーする。キックアウトでボールはライブとなり、オフェンスプレーヤーが得点するか、ディフェンスプレーヤーがリバウンドを獲得するまでプレーを続ける。このドリルはディフェンス強化が目的なので、シュートが入らない限り、攻守交代はしない。その間、オフェンスプレーヤーは1回ごとにサイドをローテーションする。シュートが入ったら、得点を決めたプレーヤーがディフェンスになる。

よりリアルなゲームにするためには、オフェンスプレーヤーが行うドリブルの数を制限する。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!