3 on 2、2 on 1トランジションドリル

公開:2021/04/02

更新:2021/03/08

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

3 on 2, 2 on 1 Transition Basketball Drill

このトランジションドリルでは、オフェンスが攻撃的なトランジションに取り組むだけでなく、ディフェンスの立場では、相手がアグレッシブかつ数的優位を保っている場合でも止められるよう練習する。短時間で質の高い反復練習が可能になる。

ドリルに必要なもの

8人以上のプレーヤー、フルコート、ボール2個。

ドリルの目標

オフェンス側の目標:効率的なトランジションに取り組み、ディフェンスの形がセットされる前に得点できるようする。終始ボールのケアを行い、正しいショットまたはフィニッシュのために、正確な予測ができるよう練習する。

ディフェンス側の目標:トランジション時に全力疾走する。オフェンスのスピードを遅くさせる、または、厳しい状況・体勢でフィニッシュさせるように強いる。

攻守両者の目標:より速いペースでプレーできるように取り組む。フルコートを全力で行き来する体力を養う。数的不利な状況でも、その時に使えるプレーヤーと体力・気力をフル動員して戦う術を身につける。

ドリルのポイント

オフェンスプレーヤーは、ディフェンスがより多くのフロアをカバーしなければならない状況をつくり、より多くのギャップをつくるために、両サイドのウイングを広くとった状態で走る。そしてシューターのために、バスケット付近またはワイドオープンキャッチアンドシュートショットにより、高い確率で得点できる方法を探す。

ディフェンスは止めようするが、実際には複数のパスでオフェンスの展開を遅くすることができれば、それは良いディフェンスとなる。攻撃のペースを遅くすると、実際のゲーム状況で後続のディフェンスプレーヤーがヘルプに戻ることができる。

オフェンスはスピードを緩めてはならないが、ボールがしっかりコントロールされた状態を保つ。

ドリルの手順

3人のオフェンスプレーヤーがボールを持ってベースライン上に広がる。2人のディフェンシブプレーヤーは反対側のバスケット下。開始の合図とともに3人のオフェンスプレーヤーは、得点を目指して全速力でフロアを移動し始める。

2人のディフェンスプレーヤーは相手を止めようとする。ターンオーバーの場合は攻守入れ替わる。オフェンスは2パス以内で得点を決めなければならない。

オフェンス側で最後にショットを放ったプレーヤーが素早く戻ってディフェンスとなり、2対1でドリルを続ける。このパターンを一定時間または一定得点が入るまでの間継続する。 このドリルでターンオーバー、オフェンス側のボゼッションの良し悪し、ディフェンス側のボゼッションの良し悪しなどを追跡し、オフェンス、ディフェンスの人数を調節することもできる。このドリルを毎回同じ時間行い、そのたびにパフォーマンスを計測しておけば、トランジション時のオフェンス、ディフェンスそれぞれの上達具合を確認できる。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!