アンティシペーション・リバウンドドリル

公開:2021/08/20

更新:2021/07/23

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Anticipation Basketball Rebounding Drill

優秀なリバウンダーは予測に長けている。彼らは、ショットが短いか、長いか、左か、右かをすばやく判断することができ、リバウンドにおいて適切な位置取りができる。もちろん本能的なセンスも影響しているが、経験を通して身につけることができる能力だ。

このドリルは、シュートとリバウンドの組み合わせから成る。 1人はシューティング、もう1人はリバウンドがどこに行くかを予測してボールを追う。時間効率を最大化し、両方のプレーヤーが同時に別々のスキルに取り組むことを可能にする優れたドリルだ。

ドリルの目的

ボールがどこに跳ね返ってくるかを予測し、リバウンドを確保する。

コーチングポイント

ジャンプしてボールを最高点でキャッチする。ボールが落ちてくるのを待たない。リバウンド後はボールを高く保つ。ディフェンダーが簡単に届く位置にボールを下ろさない。

ドリルの手順

1人のプレーヤーが3ポイントライン(好きな場所)に外側に出て、もう1人はボールを持ってペイントエリアからスタート。

ボールを持っているプレーヤーは、シューターにパス。ショットが放たれるとすぐに、ペイントのプレーヤーはボックスアウトの位置に移動し、ボールを目で追い、リムから跳ね返る場所を予測する。ミスショットであった場合、リバウンダーはジャンプしてボールを確保し、ボールを高く保ったままフィニッシュする。その後、次のショットのために別の場所に移動するシューターにパス。

シュートが決まった場合、リバウンダーはネットを通過したボールをパスバックする。このパターンを1分間続ける。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!