バックボードティップ・リバウンドドリル

公開:2021/02/04

更新:2021/02/22

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Backboard Tips Basketball Rebounding Drill

このドリルではバスケット付近でのソフトハンド(柔らかい手の使い方)と素早いセカンドジャンプを練習することができる。

バスケット付近でうまく手を使うこと、そしてオフェンスリバウンドの局面でティップするスキルは、練習によって習得することができる。ビッグマンはソフトハンド(柔らかい手のこなし)を持つ必要があり、オフェンスリバウンドからの得点を確実に取る必要がある。

オフェンスリバウンドからの得点は競ったゲームでは特に重要になる。このリバウンドドリルでは、素早いセカンドジャンプを鍛えることもできる。

時々最初のシュートやティップをミスすることがあるが、そうしたことが起きた場合、プレーヤーはボールをティップインするために再び素早くジャンプする必要がある。

ドリルの目的

オフェンスティップインの技術を向上させ、ソフトハンド(柔らかい手のこなし)を身につけ、素早くジャンプする練習をする。

ドリルに必要なもの

ボール1個。

ドリルポイント

できる限り高い位置でボールをティップする。そしてできる限り素早くジャンプする。ドリルを行っている間はずっと腕をまっすぐ伸ばして、ボールを当てたい位置目がけてしっかりと扱う。

ドリルの説明

ボールを右手に持ち、バックボードの右側に立った状態からドリルをスタートする。バックボードにボールをトスし、空中にジャンプする。

その後空中でボールをティップする。着地したら再び素早くジャンプし、ボールをティップする。3回連続でボールをティップしたら4回目でシュートする。もし4回目のシュートをミスしたら、得点するまでジャンプし、ボールをティップインする。

3セットこの動作を行い、終わったら左手にボールを持ち変え、バックボードの左側で同じ動きを(3セット)行う。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!