ビハインドザバック・クロスオーバートス・テニスボールドリル

公開:2021/02/04

更新:2021/02/22

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Behind the Back Crossover Toss Tennis Ball Drill

このテニスボールドリルは、複合的な動きをどのように行うかを覚えるために役立つ。そして同様に、全てのハンドリングスキルの向上にもつながり、コーディネーションドリルとしても有効である。

複合的な動きはディフェンスをしっかり構えさせ、そして抜き去る、もしくはシュートのための十分なスペースを得るためには素晴らしい技術になる。

良い動きをするためのキーとなるのは、まず一方向に動きディフェンスをずらして、その後素早く向きを変え、逆方向に切り替えることだ。

このドリルは、柔らかく、かつ素早い手の動きを習得するために有効だ。これは、ドリブルドリルの中でも難度が高い方の練習になる。

ドリルの目的

ハンドリングと手と目のコーディネーションを向上させる。そして柔らかい手の使い方ができるように、そしてビハインドザバック・クロスオーバーの動きにフォーカスして練習を行う。

ドリルに必要なもの

バスケットボール1個とテニスボール1個。

ドリルポイント

視線は常に上げておき、毎回テニスボールをうまくトスできるように集中する。ビハインドザバック・クロスオーバー以外のドリブルの数を減らせるように努力する。最初の囮(おとり)の動きをしっかりできるように重点を置き、ドリルを行っている間は常に低い姿勢を保てるように努力する。

ドリルの説明

右手でボールをドリブルし、左手でテニスボールを持った状態でスタートする。

テニスボールを空中にトス、その間にビハインドザバックを行い、身体の前でクロスオーバーを行う。そしてトスしたのと同じ方の左手でテニスボールをキャッチする。

時間を決めて同じ動きを繰り返し、その後バスケットボールとテニスボールの位置を入れ替え、同じ動きを繰り返す。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!