ビトゥイーンザレッグ・クロスオーバートス・テニスボールドリル

公開:2021/02/04

更新:2021/02/22

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Between the Legs Crossover Toss Tennis Ball Drill

このテニスボールドリルでは、レッグスルークロスオーバーの動きを練習することができる。そしてこのドリルを行うことによって、ボールを見ないでも快適にドリブルができ、ボールが扱えるようになる。

レッグスルークロスオーバーの動きはディフェンダーのバランスを崩し、抜き去る際に使うための、素晴らしい複合動作だ。

レッグスルーを行うことによってディフェンダーを一方向にずらし、その直後に素早いクロスオーバーをし反対方向に切り替えることによって、ディフェンダーをドライブで抜き去ることができる。

テニスボールを使うことによって、プレーヤーたちはこのような動きが快適に、思い通りにできるようになる。これによってボールも手の一部分と思えるようになり、ドリルを行っている間はずっと視線を上げておかなければならないということを学ぶはずだ。

ドリルの目的

ボールハンドリングと、手と目のコーディネーションを向上させる。

ドリルに必要なもの

バスケットボール1個とテニスボール1個。

ドリルポイント

囮(おとり)となる最初のドリブル(レッグスルー)に集中し、できるだけ速くドリブルができるように自分自身を追い込む。毎回良い場所にテニスボールをトスし、ドリルを行っている間は常に低い姿勢を保つ。

ドリルの説明

片手でボールをドリブルし、反対の手でテニスボールを持つ。 空中にテニスボールをトスし、レッグスルークロスオーバーを行う。そしてテニスボールをトスした方の手でキャッチする。

この動きを15~30秒間続け、その後バスケットボールとテニスボールを入れ替え、反対の手で同じことを行う。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!