ボストン・セルティックス:バックスクリーン・ダウンスクリーンプレー(2014-2015シーズン)

公開:2021/03/19

更新:2021/02/22

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Boston Celtics: Back Screen Down Screen Basketball Play (2014-2015)

シューターにスクリーンをかけることにより、ディフェンダーに対して0.5秒間のアドバンテージを得る、あるいは有利なレイアップが可能になる。シューターが最初のスクリーンを抜けたところで、次のスクリーンによってスペースが生まれる。このプレーはボストン・セルティックスによるもので、ゲームの最後に素晴らしいショットを放つために実行された。

プレーの目的

スクリーンザスクリーナーアクションを使い、シューターのオープンショットを獲得する。

プレーのポイント

最初のスクリーンを正確にセットする必要がある。これにより、必要なスペースが生まれる。パッサーは、シューターへのタイミングよくパスする。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!