チェンジディレクション・ランニングジャンプロープドリル

公開:2021/03/05

更新:2021/02/22

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Change Direction Running Jump Rope Drill

素早くチェンジディレクション(方向転換)できることは、バスケットボールプレーヤーにとって大切な能力の1つだ。

このドリルでは、フットワークと、チェンジディレクションのクイックネスを鍛えることができる。このようなドリルは、有酸素運動にもなり、筋肉の持久力を高めることにもつながる。

ドリルの目的

クイックネス、スピード、そして横方向へのチェンジ・ディレクション(方向転換)を向上する。

ドリルに必要なもの

ジャンプロープ(とびなわ)

ドリルポイント

軽くジャンプ(着地の時に大きく音が出ないようにする)をして、リズムよくジャンプする。できる限り速くドリルを行い、限界に挑戦する。

ドリルの説明

このドリルは、横への動きと、膝を高く上げながら前後に進む動きの複合動作となっている。

1. ランニングモーションでなわとびをしながら前に進み、バックペダル(後ろ向き)でスタートラインまで戻る。

2. スタートラインに戻ったら、前に進みながら横向き(左右交互)にジャンプして進む。バックペダル(後ろ向き)でスタートラインまで同じアクション(横向き左右にジャンプ)をしながら戻る。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!