シカゴ・ブルズ:ハンドオフ・バックスクリーンプレー

公開:2022/05/27

更新:2022/05/23

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Chicago Bulls: Handoff Back Screen Basketball Play

これらのタイプのプレーの背後にある考え方は、ディフェンスをハンドオフアクションに集中させ、ヘルプに行かせることだ。 これによりディフェンダーの位置がずれ、スクリーンに戻ったときに陣形が回復できなくなり、オフェンス側がレイアップしたり、バスケットにダンクしたりすることが可能になる。 ただし、このプレーが機能するためには、ハンドオフとバックスクリーンのタイミングが適切でなければならない。

プレーのヒント

ハンドオフを受けたプレーヤーがディフェンスのヘルプを引きつけるだけのグッドシューターであることが重要だ。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!