クリーブランド・キャバリアーズ:ホーンズピストルプレー(2014-2015シーズン)

公開:2021/04/16

更新:2021/03/19

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Cleveland Cavaliers: Horns to Pistol Basketball Play (2014-2015)

ホーンセットでセットアップすることの素晴らしい点の1つは、ポストディフェンダーをバスケットから遠ざけることだ。これを行うことにより、相手チームのポストディフェンダーを不快な位置に強いるだけでなく、バ​​スケット周りのショットブロック能力を制限するのにも役立つ。

NBAクリーブランド・キャバリアーズによって行われたもので、基本的にはボールハンドラーにトリプルスクリーンをセットするプレーである。これにより、ディフェンスが高いレベルで連携しなければならない。

プレーの目的

ボールハンドラーのためにトリプルスクリーンをセットしてディフェンスを厳しい状況におき、相手のほころびを突く。

プレーのポイント

スクリーン抜けるウィングプレーヤーは、スクリーンを使う前にディフェンダーを身構えさせる必要がある。また、ボールハンドラーがパスする時はターゲットを見るのではなく、ディフェンスを読む。ボールから離れたウィングプレーヤーは、ディフェンスがオーバーヘルプの状態になっていれば、空いたシュートポジションを確保できる。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!