コンビネーション・ゲームシューティングドリル

公開:2021/07/16

更新:2021/06/28

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Combination Game Shooting Basketball Drill

このドリルの目的は、シューターが正しい動きを学ぶことを可能にするだけでなく、精神的なタフさを身につけることだ。ドリル中に疲れてきたとしても、次に何をすべきかを常に意識しながら冷静にプレーできるようにする。これは、プレーヤーが同じようなシチュエーションに置かれる試合終了間際の状況に役立つ。

ドリルに必要なもの

ボール2個、コーンまたは椅子、および2人のパートナー。

ドリルの目的

試合における特定のシチュエーションでの動きを身につける。

ドリルの手順

3ポイントラインの外側のいずれかのウィングにコーンまたは椅子を設置する。シューターは、コーンから1.5~2m程度離れたサイドライン付近からドライブを始める。パートナーのうち1人はリバウンドを取るためにバスケット下に位置し、もう1人は最初ディフェンダーとなり、次にパッサーとなる。

シューターはコーンの方向にドリブルし、ボールスクリーンを想定してコーンをかわして前進する。ディフェンダー役のパートナーはボールスクリーンディフェンスのショーのように飛び出す。このタイミングで、シューターは仮想スクリーンを抜けてエルボーでプルアップジャンプショットを打つ。

その直後に、シューターはコーナーでリセットし、スタガーカットの3ポイントショットを打つ。

シリーズ最後のショットとして、シューターはウィングにフェードカットして3ポイントショットを打つ。このパターンを5回繰り返してから、サイドを切り替える。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!