ディフェンダーがアンダーした場合を想定したスコアリングドリル

公開:2021/09/17

更新:2021/08/24

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Defender Goes Under Game Situation Scoring Basketball Drill

このスコアリングドリルは、ウィングプレーヤーがオフェンス中にチャンスを獲得できる3つの異なるタイプのショットに焦点を当てている。ディフェンダーがボールスクリーン、ドリフトアクション、そしてストレートカットアクションのアンダーに入るパターンを想定している。

ドリルに必要なもの

ボール2個、パートナー2人、およびコーン。

ドリルの目的

オフェンス中のさまざまなスコアリングオプションに取り組む。

コーチングポイント

毎回鋭いゲームスピードで動くことに焦点を当てる。

ドリルの手順

3ポイントラインのすぐ外側、レーンラインの少し右側にコーンを置く。ディフェンダーと対峙した状態で、プレーヤーは3ポイントラインから2m前後離れた位置からスタートする。ボールスクリーンを想定したコーンの方向にドリブルし、スクリーンを使用する。

ディフェンダーがアンダーしたら、プレーヤーは停止してスクリーンの背後からショットを打つ。ショット後すぐにウィングに移動し、ベースラインに向かってスライドを開始し(ペネトレーションのドリフトをシミュレート)、パスをキャッチしてリップスルーからドリブル1回ついてショット。

次にブロックに移動し、架空のディフェンダーを身構えさせ、ウィングに向かいストレートカット。ボールをキャッチしたら架空ディフェンダーと競り合いながらドリブル、ミッドレンジショットを打つ。このショットの後、プレーヤーはリセットし、同じ3パターンのショットを繰り返す。5セット行ったらサイドチェンジして繰り返す。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!