デプスジャンプドリル

公開:2022/04/29

更新:2022/04/25

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Depth Jumps Basketball Drill

デプスジャンプはプライオメトリックドリルの一種で、筋肉が受動的に伸ばされると、その筋肉が強く収縮しようとする特性を利用して、爆発的にジャンプする感覚を身につける。筋肉に対して大きな負荷がかかるドリルなので、十分にウォーミングアップを行ってから行う。また疲労の激しい時や痛みのある時は行わない。

ドリルの目的

ジャンプのパフォーマンス(高さと速さ)、フットワークを改善する。

ドリルに必要なもの

ボックスまたはベンチ。

ドリルのヒント

接地時間をできるだけ短くする。低い高さから始め、徐々に負荷を上げていく。

ドリルの手順

ボックスの上から床にドロップし、すぐにできるだけ高くジャンプする。これを繰り返す。動画で示されているように、後方に下りてボックス上に跳び上がるパターン、リングを目標に跳び上がるパターンなどのバリエーションがある。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!