フロリダ・ゲイターズ・インサイド・ピボットポストシリーズ

公開:2021/11/26

更新:2021/11/23

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Florida Gators Inside Pivot Basketball Post Series

昨今のバスケットボールの試合では、ポストプレーヤーがバスケット下でプレーできるだけでなく、高度にボールハンドリングできることが重要である。リバウンド後にボールをコートに出すために2~3回のセパレーションドリブルを行うことができる、または相手のプレスに対してボールをフロントコートに押し出すことに寄与できるポストプレーヤーは、チームに多くの価値を加えることができる。

ドリルに必要なもの

ボール2個、コーンまたは椅子、パッサーおよびリバウンダー。

ドリルの目的

ポストでのボールハンドリングとフィニッシュ力向上。

コーチングポイント

低い姿勢でドリブルムーブを行い、パスをスナップする。ピボットフットをうまく使って、ジャブステップムーブを行う。

ドリルの手順

プレーヤーは右ウィングからスタートし、パッサーは左ウィング。プレーヤーとパッサーの間の右レーンの途中に椅子またはコーンを設置する。プレーヤーは仮想ディフェンダーであるコーンまたは椅子に向かってアタックを開始する。コーンまたは椅子を超えたところで、ウィングのパッサーに対してチェストパスをスナップする。その後ブロックにポストアップし、パスを受け取り、ピボットターンしてシュートする。

その後すぐに、別のエントリーパスに対して再度ポストアップする。ベースライン方向にジャブステップしてから、ミドルアタックしてフィニッシュ。

列に並んでいる次のプレーヤーが行くか、同じプレーヤーがドリルを繰り返す。何回か繰り返したら、サイドを切り替えてドリルを行う。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!