ガズデンステート大学:ダイアゴナルスクリーン・フレアスクリーンプレー

公開:2022/08/05

更新:2022/08/01

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Gadsden State: BLOB Diagonal Screen Flare Screen Basketball Play

このアウトオブバウンズプレーは、ボックスセットから始まる。つまり、各ブロックと各エルボーにプレーヤーを配置して、ボックスの形をつくる。これは伝統的なベースラインアウトオブバウンズのフォーメーションの1つであり、このプレーを正しく機能させるには、最初に適切なダイアゴナルスクリーンをセットすることだ。それにより、ディフェンスがそのスクリーンに対してヘルプに行くことで、フレアスクリーンからのショット、またはレイアップのチャンスが生まれる。

プレーの目的

適切なダイアゴナルスクリーンをセットしてから、フレアスクリーンを使ってショットを撃つ。

プレーのヒント

パスを入れるプレーヤーは、ダイアゴナルスクリーンから出てくるプレーヤーを見て、次にフレアスクリーンから出てくるシューターを見て、フレアスクリーンをセットしたビッグマンがオープンになるのを狙う。このプレーを機能させるには、適切なスクリーンのセットが何よりも重要になる。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
皆様からのご質問をお待ちしております!