ゲームシチュエーション・ハンドオフシューティングドリル

公開:2022/05/27

更新:2022/05/23

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Game Situation Hand Off Basketball Shooting Drill

ハンドオフからのシュートは特別な空気をもたらし、相手の意表をつくことができる。少なくとも、ペイントに入ってからこれを行うとメリットが大きい。

このハンドオフシューティングドリルは、実際のゲームでシューターが使用するシチュエーションショットなので、きわめて実戦的だ。このようなドリルでは、シューターがゲームスピードで動いていることが重要である。それによって、彼らがゲームでどうすべきかを理解するのに役立つ。

ドリルの目的

ハンドオフから、1ドリブルのプルアップショットを撃つパターンを練習する。

ドリル必要なもの

ボール2個とパートナー2人。

ドリルのヒント

ショット時は両肩をバスケットに正対させる。1回のドリブルでできる限り広いフロアをカバーするように最善を尽くす。シューターはハンドオフに来る前に適切なフットワークを使い、仮想ディフェンダーを身構えさせる。

ドリルの手順

パッサーはトップでボールを持ち、シューターはウイングからスタートする。ハンドオフの場所は、その都度変更してよい。パッサーがシューターに向かってワンドリブルしたら、シューターはディフェンダーを身構えさせてからハンドオフをもらいに行く。ハンドオフから使用するショットのタイプを事前に決めておく。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!