ガードコンビネーションドリル

公開:2022/07/15

更新:2022/07/11

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Guard Combination Basketball Drill

ボールハンドリング、ドリブルからのスコアリング、ダウンスクリーンからのシュートに取り組む。ドリルは1グループあたり5〜7人のプレーヤーで実行できるため、ポイントガードだけのポジション別練習として有効だ。

ドリルの目的

ボールハンドリング、ドリブルからの得点、そしてダウンスクリーンからの得点に取り組む。

ドリルに必要なもの

最大7人のプレーヤー、2〜3個のボール、椅子3脚、パッド、および2人のパートナー。

ドリルのヒント

ドリブルしている間は低い姿勢を維持して、ボールを身体に密着させる。各椅子の間をスピードにメリハリをつけながら移動する。ダウンスクリーンを使用する前に、ディフェンダーをバスケット下に留め、次に、パッドでダウンスクリーンをセットしているパートナーに接近する。

ドリルの手順

ハーフコートのすぐ内側のサイドラインに椅子1つを設置し、もう1つは1.5~2m前方に少しずらして配置し、もう1つは3ポイントラインのすぐ内側、フリースローラインの延長線上に配置する。パートナーの1人はパッサーとしてトップに位置し、もう1人は逆サイドの深い位置でパッドを持って待機。

プレーヤーは、ボールを持ってハーフコート付近からスタート。外側の手で椅子に向かってドリブルし、椅子で方向を変え(コーチはどちら方向に動くか指示)、次の椅子に向かってドリブル。 2番目の椅子の後、コーナーに向かって全速力でドリブルし、コーナーに触れてから、ボールスクリーンアクションからシュートを撃つために3番目の椅子の周りをドリブルする。

リバウンドを獲得し、トップにいるコーチにパス(この時点で、次のプレーヤーがドリルを開始する)。ボールをパスした後、仮想ディフェンダーをバスケット下に想定し、パートナーがパッドでセットしているダウンスクリーンを使ってカットし、コーチからのパスを受け取って再度シュート。リバウンドを取ったら列に戻る。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
皆様からのご質問をお待ちしております!