BCTV最新コンテンツ(8月5日公開分)

公開:2020/08/07

更新:2020/07/29

このコーナーでは、BCTV(バスケットボールコーチングTV)の直近公開分の最新コンテンツを紹介しています。

【編集室のイチオシ】 ディフェンススライドのテクニックを向上させる

コーンドロップ・ディフェンススライドドリル

Cone Drop Defensive Slide Basketball Drill

どの年代においてもディフェンスを強化する上で欠かせないのが、ステップスライド(ディフェンススライド)の練習です。ボールマンディフェンスをする時も、オフボールでポジションを変える時も、ステップスライドを無駄な動きなしに、素早く行う必要があります。このドリルではコーンを使い、スライドのスピードを上げるための練習を行います。

対象:小学生〜大学生

【こちらもおすすめ】 スクリーンをセット、コーナーでオープンスリーを放つ

ウェストバージニア大学:2-3ゾーン・ベースラインスクリーンプレー(2008-2009シーズン)

West Virginia: 2-3 Zone Baseline Screen Basketball Play (2008-2009)

U15以上のカテゴリーでは、ゲームでゾーンディフェンスに直面する機会も少なくありません。その時に落ち着いて対応できるように、プレーブックには、いくつかのゾーン攻略のためのセットプレーを加えておく必要があります。このプレーはシューターをオープンにさせるようにデザインされており、正しく遂行できればオープンスリーを放つことができます。

対象:中学生〜プロ

………………………………………………………………………………………………

ザ・ロック:2-3ゾーン・バックサイド・スリーポインタープレー

The Rock: 2-3 Zone Backside 3 pointer Basketball Play

ボールを素早く左右に展開、ディフェンスを引きつけるためにポストを見る。バックサイド(ウィークサイド)でスクリーン代わりにシール、そのタイミングでオープンスリーポイントショットを放つためにスキップパスをする。

スティーブ・ナッシュ・レッグスルー・パートナーパッシングドリル

Steve Nash Double Between the Legs Partner Passing Basketball Drill

このドリルでは、ドリブルをしている状態から、どちらの手を使ってもパスをできるように練習する。このタイプのパスを習得すべき理由は、プレーしている時に、ドリブルしている状態から、ボールを両手で保持してパスをするほど十分な時間がない場合が時々あるからだ。

ピッツバーグ大学:ボックスセット・ポストアイソプレー (2011-2012シーズン)

Pitt Panthers: Box Set Post Iso Basketball Play (2011-2012)

ピッツバーグ大学:ボックスセット・ポストアイソプレー

ボックスセットのアライメントからスタートする。ポストプレーヤーに、得点しやすいエリアでパスをする。ガード(またはフォワード)がウイングでボールレシーブをするのが難しい状態であれば、イニシャルパスをレシーブするスポットを作る(オープンを作り出す)ためにボックスセットを使うことをおすすめする。

ピッツバーグ大学:ボックスセット・フレアスクリーン・バックスクリーン・ダウンスクリーン・ベースラインダブルプレー (2011-2012シーズン)

Pitt Panthers: Box Set Flare Screen/Back Screen/Down Screen Baseline Double Play (2011-2012)

ピッツバーグ大学:ボックスセット・フレアスクリーン・バックスクリーン・ダウンスクリーン・ベースラインダブルプレー (2011-2012シーズン)

連続でいくつかのオフボールスクリーンアクションを使用することで、ディフェンスを適正なポジションから引きずり出すことができ、最終的には崩壊させることができる。フレアスクリーン、バックスクリーン、そしてダウンスクリーンを1つのセットの中に取り入れることで、より効果的なセットになる。

オフオブザドリブル・バウンスパスドリル

Off of the Dribble Bounce Pass Basketball Drill

オフオブザドリブル・バウンスパスドリル

ドリブルをついている状態から、どのようにバウンスパスをするかについて学ぶことができる。ボールをしっかり保持せず、さらに時間もかけずにパスをすることになる。このように素早い判断が求められる場合は、オプションとしてドリブルからのワンハンドプッシュパスが大切になる。

メディシンボール・ディフェンススライドドリル

Medicine Ball Defensive Slides Basketball Drill

メディシンボール・ディフェンススライドドリル

オフェンスがドライブを仕掛けた時に、ボールハンドラーに対応するために、ワイドスタンスと低い姿勢をキープした状態で素早くスライドできるようになる必要がある。このディフェンスドリルの目的は、ディフェンス時に低い姿勢をキープすること、そして(メディシンボールを使うことで)脚に負荷をかけ、コンディションを整えることだ。

フォローザリーダー・ディフェンススライドドリル

Follow the Leader Defensive Slides Basketball Drill

フォローザリーダー・ディフェンススライドドリル

優れたディフェンスチームになるには、プレーヤーそれぞれが、効率的なフットワークで足を動かし、まずは目の前のオフェンスを1人で抑えることが大切になる。このドリルでは、競争的な要素を取り入れて、スライドを練習することができる。プレーヤーは、スライド時にスピードの限界を突破することに挑戦する。

チェストパスドリル

Chest Pass Basketball Drill

チェストパスドリル

良いパスは、キャチアンドシュートの時に、ショットが外れたか、入ったかを見ればよくわかる。ショットの確率を高めるためにも、良いチェストパスをすることは大切だ。このドリルでは、まず正しくチェストパスを行う方法を紹介する。その後、チェストパスを実際に練習するためのドリルを紹介する。

BCTV

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!