ヒューストンロケッツ:ボールスクリーン・ハンドオフボールスクリーンプレー(2010-2011シーズン)

公開:2021/09/17

更新:2021/08/24

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Houston Rockets: Ball Screen, Handoff/Ball Screen Basketball Play (2010-2011)

多くの面でのハンドオフは、ボールスクリーンと同じ役割を果たす。このプレーでは、ディフェンスはハンドオフを含めた3つの連続したボールスクリーンアクションに対応する必要がある。これにより、ディフェンスがほころびを誘発される可能性が高くなる。

すべてのスクリーナーが、チームメイトのために適切なスクリーンをセットし、献身的にプレーすることがオフェンスを成功に導く。

プレーの目的

連続した複数のボールスクリーンでディフェンスを崩壊させ、オープンになったプレーヤーにシュートチャンスを創出する。

プレーのヒント

最初のボールスクリーンから攻撃して、ハンドオフに進む前にディフェンスをシフトさせる。ディフェンス側の対応を引き出すことが重要だ。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!