フェードカットの使い方を学ぶ

公開:2022/04/29

更新:2022/04/25

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

How to Use a Fade Cut in Basketball

ダウンスクリーンを使用する時、ディフェンダーの動きを読んで適切にカットしてスペースを作る必要がある。フェードカットは、ディフェンダーがスクリーナーの下に移動しようとするときに使用される。これにより、ウィングまたはコーナーにフェードインし、シュートチャンスを得ることができる。

ドリルの目的

フェードカットを使用するための適切なフットワークと準備を学ぶ。

ドリルに必要なもの

1〜2個のボールと1〜2人のパートナー。

ドリルのヒント

スクリーンから出る前に、必ずディフェンダーを身構えさせる。椅子に着いたら内側の足でピボットし、フェードカットでできるだけ広いスペースを確保する。

ドリルの手順

両サイドのエルボーの少し外側に椅子を置く。パッサーはトップオブザキー付近に立ち、シューターはバスケット下に立つ。シューターは対角のレーンラインに向かい、スクリーンを使用するためにすばやくカットバックすることで、仮想ディフェンダーを身構えさせる。シューターは椅子に着いたら、ディフェンダーを読む練習をするために、仮想ディフェンダー(椅子)の内側をチェックする。

そしてインサイドフットを軸足とし、キャッチアンドシュートショットのためにコーナー方向へフェードインする。必要に応じて、ショットフェイクのドリブルを1つ入れたり、バスケットにスイープしたりすることもできる。ショット後、プレーヤーはバスケットの下でリセットし、次のショットの準備をする。ショット数、成功数、または時間を設定して続ける。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!