ハードルドリル

公開:2022/05/13

更新:2022/05/23

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Hurdle Basketball Drill

このドリルは単純にジャンプ力を鍛えるだけでなく。跳ぶ方向の転換が含まれるので。ゲーム中に起こりうる様々なシチュエーションへの対応力を鍛えることもできる。

ドリルに必要なもの

コーンまたはミニハードル。ない場合は床にテープを貼ってもよい。

ドリルのヒント

できるだけ静かに着地することに集中する。最初はゆっくりと、パターンに順応し始めてから、速度を上げる。

ドリルの手順

コーンまたはミニハードルを正方形に置く。真ん中に立って、時計回りのパターンで正方形の各辺を飛び越えて元に戻る。動作中は姿勢が崩れないようにし、アスレチックポジションを維持すること。難易度を上げるには、コーンまたはハードルの高さを各辺で変えたり、片足ジャンプにしたりする。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!