リバースピボット・チームウォーミングアップ・シューティングドリル

公開:2022/06/25

更新:2022/06/20

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Reverse Pivot Team Warm Up Basketball Shooting Drill

このシューティングドリルは、フットワークの向上にも取り組みながら、短時間で多くのシューティング練習を行うことができる。シーズン中には、他にも取り組む必要のある要素がたくさんあるため、基礎的なスキル向上に十分な時間を取れないこともある。こうしたドリルをウォーミングアップとして行えば、時間を最大化することができる。

ドリルに必要なもの

プレーヤーごとにボール1個。

ドリルの目的

フットワーク、バランス能力、シューティングの向上。

コーチングポイント

ターンするときはボールを体に密着させ、姿勢を低くしてバランスを保つ。

ボールリリース後は、長くフォロースルーしない。

一定の回数、成功数、または時間を設定して行う。

ドリルの手順

各プレーヤーは自分のボールを持ち、ベースライン上に待機。先頭のプレーヤーは、ジョギングをしながら、エルボー付近でボールを自分自身に回転させる。アスレチックポジションでボールをキャッチし、ピボットターンで身体を反転させてシュートを撃つ。その後リバウンドを取得してから、列に戻る。1人あたり4回シュートを行ったら、レーンラインを左右入れ替わって繰り返す。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
皆様からのご質問をお待ちしております!