ナンバー1ルール:戻る

公開:2020/12/18

更新:2020/10/22

No. 1 Rule: Get Back

チャド・ワーナーは15年間バスケットボールのコーチをしている。彼は現在、ヴァルパライゾ大学のバスケットボールオペレーションのディレクターだ。最近彼は、シアトルで開かれたポイントガード・カレッジ/グレイシャーバスケットボールクリニックで講演した。曰く、強いディフェンスを構築するのに最も重要なのは、「戻る」ことだ。

単純に思うが、これを見落としているコーチが沢山いることに驚く。ワーナーは練習のたびにトランジションディフェンス(戻る)に取り組む必要があると言う。

「ディフェンスが得意になりたいのなら、尻の向いている方向を元に戻さなければならない。そしてそれを毎日練習しなければならない」

このためのベストドリルは、ほとんどのチームが使っているものだ、と彼は言う。それは、5オン5で行うキャッチアップドリルだ。プレーヤー5人がベースラインに並び、もう5人がファウルラインに並ぶ。コーチがベースラインのプレーヤーの1人にパスする。そのグループは4人のディフェンダーがリトリートしている間に、コートを上がる。 5人目のディフェンダーはスプリントでベースライン(オフェンスが元いた位置)にタッチしなければならない。それからオフェンスが得点する前に、数を等しくするためにディフェンスに追いつく。

Basketball Coach Weekly英語版138号 May 19, 2016より

Photo by Logan Weaver on Unsplash

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!