スティーブ・ナッシュ ビハインドザバック・パートナーパスドリル

公開:2021/10/01

更新:2021/09/27

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Steve Nash Behind the Back Partner Passing Basketball Drill

ボールハンドリングの練習と、ドリブルから片手でパスできるようになるためのドリルだ。このタイプのパスは、ゲーム中のわずかなタイミングで味方にパスするチャンスが生まれたときに有効となる。ボールハンドラーはパスする前に両手でいったんボールをホールドすると、絶好のパスチャンスを逃してしまうかもしれない。ここでプッシュパスが役立つ。

ドリルの目的

ボールハンドリングとドリブルからのプッシュパスを習得する。

ドリルに必要なもの

ボール2個とパートナー。

ドリルのヒント

ドリブルをできるだけ強く、すばやく行うように最善を尽くす。ボールを失ってしまうことを恐れてはいけない。パートナーへのパスは、できるだけ正確になるよう努める。

ドリルの手順

2人のプレーヤーは2.5~3m離れて向かい合い、左手にボールを持って開始する。まずその場でドリ​​ブルを1回、次にビハインドザバックでドリブルをして、右手でパートナーにプッシュパスする。相手からのパスをキャッチしたら同じ動きを繰り返す。 20〜30秒間行ってから、右手でのドリブルに切り替える。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!