タッチシューティングドリル

公開:2022/08/12

更新:2022/08/08

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Touch Shooting Basketball Drill

練習のウォーミングアップとしても行うことができるフォームシューティングドリルであり、プレーヤーが技術の正確さを確認するのに役立つ。

ドリルに必要なもの

 プレーヤー1 人につきボール 1 個。

ドリルの目的

ショットのタッチを向上させる。

コーチングポイント

・毎回正しい方法でショットを撃つことにこだわる。

・難しいドリルではないが、正しい動作を筋肉と神経に対して再教育し、ショットの正確性を古城させるのに適している。

・ショットの軌道に注目し、正しい軌道になっているかを毎回確認する。

ドリルの手順

2 人のプレーヤーが同時に行う。7つのスポットを移動しながら、各スポットにおいて片手で2回のショットを決める。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
皆様からのご質問をお待ちしております!