ツーボールアタックドリル

公開:2022/09/09

更新:2022/09/19

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Two Ball Attack Basketball Drill

このドリルは1つのドリルでゲームの複数の領域に取り組むことができるが、最も大きな要素はドリブルからのパスを学ぶことだ。ドリブルからパスを出すとき、両手でボールを保持してからパスを出す時間が常にあるとは限らない。

オープンになっている味方に時間内にヒットするには、どちらかの手でプッシュパスを行わなければならない場合がある。このドリルは、ドリブルから、どちらの手でもプッシュパスができ、なおかつ正確に行うための練習になる。

ドリルに必要なもの

ボール 2 個とパートナー 1 人。

ドリルの目的

ボールハンドリング、ドリブルからのパス、ドリブルからのシュートに取り組む。

コーチングポイント

•視線を上げたまま、ボールをできる限り激しくドリブルする。終始アスレチックポジションを維持する。

•パートナーに直線的にパスする。

•必要に応じて、パスの後にクロスオーバー以外の別の動きを使用できる。

ドリルの手順

プレーヤーは 2 個のボールを持ってハーフラインでスタートし、パートナーはフリースルーラインからスタートする。プレーヤーはパートナーに向かってドリブルを交互に行う。

プレーヤーがスリーポイントラインに近づくと、パートナーは右手または左手を挙げる。それを見て、プレーヤーは指示されたサイドの片手でプッシュパスする。パスした後、もう1個のボールでプルアップジャンプショットを放つ。これでドリル​​の 1 回の繰り返しが完了する。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
皆様からのご質問をお待ちしております!