「Finish Skills & Drills」DVDを視聴する方へ 恩塚亨氏インタビュー2

公開:2022/03/25

更新:2022/03/17

ジャパンライムの新作DVD「恩塚亨 Finish Skills & Drills」を視聴するに当たって、「ここに注目してほしい」というピンポイントを恩塚氏にうかがいました。


バスケットボールの可能性が広がる

「フィニッシュスキルを磨くことで、バスケットボールの可能性が大きく広がると思います。自分たちにサイズがない、相手が大きい、というよくあるケースであっても、整った心と身体を持ってペイントにアタックしていくことで、その壁は十分乗り越えていけると思います」

100%のスピードでアタックしない

「ペイントアタックしてフィニッシュまでもっていくプレーで注意して見ていただきたいポイントがあります。それは、100%のスピードでアタックしないこと。100%で行くと、身体のバランスもクリエイティブな要素も失われてしまいます。80~90%のスピードでペイントエリアにアタックしてほしいと思います。

フィニッシュという目的を達成するためにスピードという武器をどの程度使うか。そこに100%のエネルギーを投入してしまうと、余力がなくなってしまいます。適切な流れ、メリハリの感覚を選手がうまくイメージできるように導いてあげられるとよいのではないかと。

ペイントアタックからフィニッシュへの流れについて、選手たちは“特攻”的なイメージで捉えがちです。このあたりの考え方を和らげてあげることが鍵になる、そう思っています」

恩塚氏監修最新DVD「恩塚亨 Finish Skills & Drills」

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!