ヒューストン・ロケッツ:ハイポストギブアンドゴー・バックドアプレー

公開:2024/02/09

更新:2024/02/06

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Houston Rockets: High Post Give and Go Backdoor Basketball Play

このプレーは、見せかけのハンドオフアクションのスペーシングとタイミングがすべてだ。 ボールサイドの2 人が主役になるが、ウィークサイドのプレーヤーは、ディフェンダーがヘルプしてボールがキックアウトされた場合に対応できる準備ができていなければならない。

カッターはハンドオフをもらいに行くと見せかけ、バックドアで鋭くカットする。  スクリーナーは、ディフェンダーをスクリーンするだけでなく、その後はバスケットに向かうことも必要だ。ディフェンスの動きを読み、相手が警戒を怠っているところを攻める。

プレーの目的

ハイポストにパスし、ディフェンダーを読む。 ディフェンダーがハンドオフを警戒している場合は、バックドアカットする。

プレーのヒント

ウィークサイドの 3 人が間隔をあけて配置されていることを確認する。 ビッグマンはバックドアパスでカッターをリードする必要がある。 ディフェンダーがバックドアカットを警戒しているなら、ハンドオフを使ってそこからツーマンゲームをすればよい。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開。 皆様からのご質問をお待ちしております。
(質問者が中高生の場合は、指導者または保護者のアカウントからご質問を送信してください)