キルザグラス・ビハインドザバックスコアリングドリル

公開:2022/09/09

更新:2022/09/05

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Kill the Grass Behind the Back Scoring Basketball Drill

ドリブルから得点できるようになるための最初のステップは、ボールを上手に扱えるようになることだ。このドリルではボールハンドリングに取り組み、ドリブルからシュートを放つ。自然な動きでドリブルができ、ショットを決めることに集中できるように、繰り返し練習しよう。

このドリルの趣旨は、プレーヤーができる限り激しくドリブルすることであり、ボールを失うのを怖れてはいけない。

ドリルの目的

ハンドリングを向上させ、ドリブルからのシュートの精度を上げる。

ドリル必要なもの

ボール 1個とリバウンダー (オプション)。

ドリルのヒント

ドリブルできるだけ強く行う。視線を上げ、混乱することを恐れない。

ドリルの手順

このドリルでは 2 つの異なる動きを行うが、左右両サイドで行うので、実際には合計 4 つの異なるショットとなる。

ビハインドザバックで3~4回、できる限り激しくドリブルした後にシュートする。 1打目は左サイドからのプルアップ、2打目は右サイドからのプルアップ、3打目は左サイドからのワンドリブルプルアップ、4打目は左サイドからのワンドリブルプルアップ。このドリルはウイングからでも、キーのトップからでも行うことができる。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
皆様からのご質問をお待ちしております!