ルイビル大学:ピンダウンスクリーン・ボールスクリーンプレー

公開:2024/02/09

更新:2024/02/06

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Louisville: Pin Down Screen Ball Screen Basketball Play

このタイプのプレーは、複数のタイプのボールスクリーン・ディフェンスに対して実行できるが、最も適しているのは、ボールスクリーンアクションを回避しようとするタイプのディフェンスに対してだ。

これがうまく機能する理由は、スクリーナーがボールスクリーンをセットしに来る前に、まずダウンスクリーンを使えるからだ。 これにより、スクリーナーはディフェンダーよりも先にボールスクリーンの位置に到達できる。

これが起こった後、スクリーンを分割するか、遅れて到着したビッグマンの外側を攻撃するかは、ボールハンドラー次第だ。 このプレーは通常、バスケットへのオープンドライブで終わるか、ボールハンドラーをカットしようとして十分に素早くできなかったポストディフェンダーのファウルで終わる。

プレーの目的

ボールスクリーンをセットするプレーヤーにダウンスクリーンをセットし、ディフェンダーが前に出るのが遅れるようにする。

プレーのヒント

ポストプレーヤーはダウンスクリーンを使用する前にマイマンを身構えさせ、ボールスクリーンの位置まで全力疾走する。 ボールハンドラーはボールスクリーンをうまく使ってアグレッシブにプレーすべきだが、ディフェンスを読んで臨機応変にプレーする必要もある。 必ずしも自分がフィニッシュする必要はなく、ドライブやキックなどでも構わない。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開。 皆様からのご質問をお待ちしております。
(質問者が中高生の場合は、指導者または保護者のアカウントからご質問を送信してください)