クイックフィート・インアンドアウトドリル

公開:2023/08/25

更新:2023/08/18

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Quick Feet In and Out Basketball Drill

複数の要素が同じドリルに組み込まれているため、ドリブルドリルとして質の高いものとなる。

ドリルの目的

ボールハンドリングと方向転換の素早さを向上させる。

ドリルに必要なもの

ボール 1 個、椅子 5 脚、コーン 1 個。

ドリルのヒント

ドリブル中は姿勢を低くし、椅子の間をできるだけ早く移動する。ドリブル中は視線を上げておく。

ドリルの手順

右側のサイドラインに沿ってコーナーから 5 つの椅子を一列に設置する。 椅子と同じサイドのウィングにコーンを置く。 コーナーからスタートし右手で前方にドリブルし、左手で後方にドリブルしながら進む。 すべての椅子を通過したら、ウィングのコーンに向かってアタックし、シュートで終わる。 コーンでの動きとフィニッシュの方法を変化させる。 ユーロステップ、プロホップ、フローターなど。これを両サイドで行う。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開。 皆様からのご質問をお待ちしております。
(質問者が中高生の場合は、指導者または保護者のアカウントからご質問を送信してください)