テニスボールトス・クロスオーバーコンペティションドリル

公開:2024/01/19

更新:2024/01/17

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Tennis Ball Toss Crossover Competition Basketball Drill

ボールハンドリングを鍛えるだけでなく、快適ゾーン(プレーヤー自身が楽に動作できるレベル)から抜け出すのにも役立つ、優れたドリルである。 競争の要素を追加することで、プレーヤーはさらに速く走れるようになる。ミスはあるだろうが、いつもより速く走ろうとしている中でのミスは良いことだ。

ボールハンドリングの練習をするときは、自分自身を追い込み、より良くなるために自分自身に挑戦することが重要だ。

ドリルの目的

ドリブルスキルと、手と目の協調性を向上させる。

ドリルに必要なもの

バスケットボール 2 個、テニスボール 2 個、パートナー 1 人。

ドリルのヒント

テニスボールのトスを正確に行い、ドリブルしている間は常に姿勢を低く保つようにする。

ドリルの手順

2 人のプレーヤーが、片手にテニスボール、もう一方の手にバスケットボールを持って開始する。 コーチの「ゴー」の合図で、バスケットボールのドリブルを始める。 自分のペースで、テニスボールを空中にトスし、空中にある間にバスケットボールをもう一方の手に渡し、バスケットボールを放したばかりの手でテニスボールをキャッチする。

割り当てられた時間 (通常 30 ~ 60 秒) 内に誰が最も多くのトス・クロスオーバー動作を実行できるかをカウントし、プレーヤー同士で競わせる。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開。 皆様からのご質問をお待ちしております。
(質問者が中高生の場合は、指導者または保護者のアカウントからご質問を送信してください)