ウォール・ツーボールトライアングル・ドリブルドリル

公開:2024/05/17

更新:2024/05/14

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Wall Two Ball Triangle Basketball Dribbling Drill

このドリルは、ボールハンドリング、手と目のコーディネーションの開発に効果的だ。ガードのボールハンドリングを練習したり、ビッグマンの器用さを向上させたりできる。

ドリルの目的

手のスピード、強さ、ハンドルリングの向上

ドリルに必要なもの

ボール 2 個。

ドリルのヒント

正確な軌道で壁に向かってボールをパスする。

ドリルの手順

壁に向かって立ち、両手にバスケットボールを持つ。 右手のボール壁に向かって投げ、左手から右手にボールをパスし、壁に投げたボールを左手でキャッチする。 この動作を繰り返しながら、より速く進行し、ボール軌道の三角形を小さくしていく。 20~30秒間行ったら。方向を変えて同じ動作を行う。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開。 皆様からのご質問をお待ちしております。
(質問者が中高生の場合は、指導者または保護者のアカウントからご質問を送信してください)