ワンドリブル・ダブルクロスオーバー・2ボールドリブルドリル

公開:2021/02/04

更新:2021/02/22

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

1 Dribble Double Crossover 2 Basketball Dribbling Drill

これはボール2個を使う複合的な動きで、このドリブルドリルの目的はダブルクロスオーバーを練習することと、全体的なボールコントロールを上達させることだ。

2つのボールで動きを行うことによって、同時に利き手と利き手でない方の手のハンドリングを練習することができる。

さらに、ドリルをより難しくすることもできる。アイデアとして、もしこの2ボールドリルをできるようになれば、ゲーム中にボール1個を扱うことはより簡単に感じるはずだ。

平らな地面がある場所であれば基本的にどこでも行うことができる。体育館に限らず、空の倉庫の中でも、このドリルを行うことができる。

ドリルの目的

ダブルクロスオーバーを練習し、さらに全体的なハンドリングスキルの向上。

ドリルに必要なもの

ボール2個。

ドリルポイント

ドリルを行っている間は、アスレティックドリブルスタンス(足を肩幅より少し広めに開き、膝をやや曲げる)を保ち、視線は常に上げておく。

そしてできる限り早くドリブルができるように、自分自身を鼓舞する。ダブルクロスを行う時、同じボールが前にくるように心がける。円を描くように膨らんでダブルクロスを行ってはいけない。

ドリルの説明

同時に2つのボールをドリブルさせ、自分の身体の前で2つのボールをクロスさせる。ボールをクロスさせた後すぐに、ボールが元の手に戻るように、再びクロスさせる。

ボールが元の手の位置に戻ったら、一度だけその場でドリブルをし、同じ動きを再び繰り返す。しかし、どちらのボールが前を行くか、後ろを行くかを途中で変える必要がある。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!