ベーシックカッター・シェルドリル

公開:2021/09/03

更新:2021/08/10

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Basic and Cutters Shell Basketball Drill

優れたマンツーマンディフェンスは、ギャップを埋める、ヘルプ、コミュニケーションなどのアクションが持つ意味を理解することから始まる。そこでシェルドリルが有効となる。シェルドリルはハーフコートで4対4となり、マンツーマンのハーフコートディフェンスでプレーするときに遭遇する様々な状況を練習できる。

このシェルドリルは、ボールが1~2パスアウェイの位置にある時、そしてオフェンス側のカッターを処理する方法についても機能する。チームとしてのディフェンス、個々のプレーヤーにとってのディフェンス双方を学べる優れたドリルだ。

ドリルに必要なもの

8人以上のプレーヤー、コーチ、およびボール。

ドリルの目的

マンツーマンのハーフコートディフェンス強化。

コーチングポイント

ボールが動くたびに、ディフェンスプレーヤーはポジションを調整する。ディフェンス間のコミュニケーションが極めて重要。

ドリルの手順

左右のウィングとコーナーにオフェンスプレーヤーを配置する。ディフェンダーはベースラインからスタートする。

コーチがオフェンスプレーヤーの1人にパスすると、ディフェンダーはクローズアウトに行くか、ギャップに入る、またはヘルプ。オフェンスプレーヤーはドリブルなしでボールを回し、ディフェンス側はパスごとにコミュニケーションをとりながらポジションを調整する。

これに数分間取り組んだ後、オフェンスプレーヤーによるカットをドリルに組み込む。ガードがポストプレーヤーにパスしたら、ディフェンダーはボールにジャンプしてパスカットを試みる。カッターがカットするとき、ウィークサイドのオフェンスプレーヤーは、カッターが反対側のコーナーを埋めることができるように、ローテーションする。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!