ビハインドザバック・2ボールドリブルドリル

公開:2021/02/19

更新:2021/02/22

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Behind the Back 2 Ball Dribbling Drill

このツーボールドリブルドリルは、ビハインドザバックのスキル向上に焦点を置いている。同様に、全体的なボールハンドリングのスキル向上につながる。

たとえ主要なドリブラーでなかったとしても、どのプレーヤーもボールハンドリングを練習するために時間を割くべきだ。

そのために、これは素晴らしいドリルになっている。なぜなら、ボールハンドリングスキルの向上につながるだけでなく、特定のドリブルムーブを練習でき、さらに全体的な手のコーディネーション能力の向上にもつながるからだ。

このドリルはプレーヤーのスキルを向上させるためには最適だが、加えて地面が平らな場所であれば基本的にどこでも行える素晴らしいドリルでもある。つまり、体育館だけでなく、道路上でもボールハンドリングの練習をすることができる。

ドリルの目的

ボールハンドリングとビハインドザバックの動きの練習をし、全体的な手のコーディネーション能力を向上させる。

ドリルに必要なもの

ボール2個。

ドリルポイント

このドリルを行っている間は常に低い姿勢を保つ。常に視線を上げた状態でベストを尽くし、周り(フロア)の状況をしっかりと把握することを心がける。

できる限りドリブルを強くつき、失敗すること、ボールを失ってしまうことを恐れずにドリルを行う。

ドリルの説明

それぞれの手にボールを持った状態でアスレティックスタンス(足を肩幅より少し広めに開き、膝をやや曲げる)からこのドリルをスタートする。

1つのボールを身体の前でドリブルし、もう1つのボールは身体の後ろで、同時にドリブル(ビハインドザバック)する。

この動きを前後で繰り返し行う(ドリルを行っている間は身体の前につくボールは、同じ位置につけるように心がける)。30秒行ったら休憩を取る。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!