ボックスコーンドリル

公開:2021/09/17

更新:2021/08/24

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Box Cone Basketball Drill

素早く方向転換できることは、バスケットボールプレーヤーにとって必須能力の一つだ。特にディフェンスでは、瞬時に4方向すべてに動けなければならない。このコーンドリルは、そうした方向転換の動作をシミュレートすることを目的としている。相手に対する反応が遅くなる可能性があるため、無駄な動きはしたくない。プレーヤーに正しい動きのテクニックを教え、それに磨きをかけるためにこのドリルを利用していただきたい。

ドリルの目的

方向転換のクイックネスに取り組む。

ドリルに必要なもの

コーン4個。

ドリルの手順

コーンを正方形(ボックス)に配置する(各辺約10m)。1つのコーンから始めて、スプリント、クロスオーバーオーバーステップ、サイドステップ、バックペダルなどを実行し、次のコーンでステップを変える。例として、1)前向きスプリント、2)クロスオーバーステップで右へ移動、3)バックペダル、4)サイドステップで左へ。

対角線を走るようにコーチが指示することもできる。このドリルにドリブルを含めると、さらに難易度が上がる。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!