シカゴ・ブルズ:UCLAカットピンダウンプレー

公開:2022/09/02

更新:2022/08/29

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Chicago Bulls: UCLA Cut Pin Down Basketball Play

このプレーには2 つの連続する UCLA スクリーンがあり、逆サイドにピンダウンスクリーンがある。 優れたスクリーンをセットし、相手にとって、すべてのスクリーンが得点に結びつく脅威になることが重要だ。 良いスクリーンをセットすればするほど、ディフェンスは置き去りにされる。 シューターがオープンになるために、他のプレーヤーは自分の役割を果たすことに集中する。

プレーの目的

複数のスクリーンを連続してセットしてディフェンスを崩壊させ、シューターが十分にオープンになる状態をつくる。

プレーのヒント

適切なスクリーンをセットし、各スクリーンが十分に機能するようにする。 パッサーは、シューターがスクリーンから出てくるタイミングを見計らってパスを出す。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
皆様からのご質問をお待ちしております!