クロスオーバーステップ・パートナーラインフットワークドリル

公開:2021/04/16

更新:2021/03/19

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Crossover Steps Partner Line Footwork Basketball Drill

このドリルではバスケットボールをキャッチして腰の周りで回転させる必要があるため、手でボールを扱う動作にとらわれずに適切なフットワーク行う能力が身につく。シュートを打つ際、フットワークに気を取られていたらシュートの精度が落ちてしまうので、このような複合的な動きで自然なフットワークを練習することは意味がある。

ドリルの目的

フットワークとアジリティ(敏捷性)の向上。

ドリルに必要なもの

ボール1個とパートナー。

ドリルのポイント

目線を上げて、足を軽く保つ。できるだけ速く進むように自分をプッシュし、混乱することを恐れない。ドリル中はラインを踏まないようにする。

ドリルの手順

サイドラインをまたいで立ち、一方のエンドラインからスタート。パートナーは2~2.5m離れて向かい合う。右足でラインの左側を踏んでから、左足でラインの右側を踏む。このパターンをできるだけ早く前進する。

同時に、ボールを腰の周りを2周させ、前方のパートナーにパスする。反対側エンドに到達したら、後ろ向きに走りながら同じパターンを繰り返す。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!