デビッド・ソープ ショットフェイクフィニッシュ・リバウンドドリル

公開:2021/06/18

更新:2021/05/17

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

David Thorpe Shot Fake Finish Basketball Rebounding Drill

優れたリバウンダーになるには、タイミングと予測能力が必要となる。ボールがどこに行くのかを誰よりも先に予測し、それを手に入れるために素早く動くことができれば、大きなアドバンテージを得ることができる。このドリルの目的は、オフェンスリバウンドのための反応速度の向上を養うことだ。

ドリルに必要なもの

ボール1個。パートナー1人。

ドリルの目的

オフェンスリバウンドを獲得し、周囲のディフェンダーを制してフィニッシュする方法を学ぶ。

コーチングポイント

ボールを追跡し、高い位置で獲得する。ボールを獲得したら、できるだけ高い位置で保持する。身体、頭、ボール、そして目でフェイクを行う。ディフェンダーの動きに応じて、フィニッシュの方法を選択する。左手、右手、両手、スクープなど。

ドリルの手順

フリースローラインからバックボードにボールを当てる。走ってジャンプし、ボールを最高点で獲る。着地時はボールを顎の下に入れて守る。そのタイミングでパッドを持ったパートナーがショットブロックする。8〜12回繰り返す。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!