デューク大学:フレアスクリーン・バックスクリーン・ダブルダウンプレー

公開:2021/02/19

更新:2021/02/22

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Duke: Flare Screen Back Screen Double Down Basketball Play

このプレーを使うことによって、シューターは様々なスクリーンを使い、最後には良いシュートを打つことができる。

ベストシューターの多くは、シュートまで持って行くアプローチがあまり上手くない。しかし、いくつかのスクリーンを連続して使えばシュートへのアプローチが容易になる。

【左図】
1.  #1は#3にパス。#2は#5の周りをループアラウンドし、元いたサイドと同じコーナーへ。#5はゆっくりとバスケットの方へ動き出す。
2.  #1は#4のフレアスクリーンをカットオフ。
オプション1 : #3は3ポイントシュートを狙うために#1にパス。
3.  #3は#4にパス。#5はディフェンダーにシールする。
オプション2:#4はポストの#5にパス。

【右図】
#4は#1にパス。#3は#5のバックスクリーンを使いバスケットへカットオフ。
オプション1  : #1はレイアップのために#3にパス。
2.  #5と#4は#2にダブルバックスクリーンをセットする。#2はスクリーンを使い、トップオブザキーにカット。
オプション2  : #1は3ポイントショットを狙うために#2にパス。

プレーの目的

ダブルスクリーンを使ってあなたのチームのベストシューターにオープンショットを打たせる。

プレーポイント

スクリナーは適切な、そして強固なスクリーンをセットする必要がある。そしてスクリーンの時にシューターは自分のディフェンダーがアンダーで守るのか、それともオーバーなのかを見極める必要がある。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!