フットアップス・フォワードアンドバックワード・テニスボールドリル

公開:2021/09/03

更新:2021/08/10

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Foot Ups Forwards and Backwards Tennis Ball Basketball Drill

フットワークとソフトハンドの両方を開発するのに役立つドリルを探しているなら、これがおすすめだ。特にポストプレーヤーにとっては有効だ。

ドリルに必要なもの

ボール1個、テニスボール1〜2個、パートナー1人。

ドリルの目的

フットワークとアイハンドコーディネーション(目と手の協調性)の開発に取り組む。

コーチングポイント

足を軽く保ち、かかとが地面に触れないように最善を尽くす。ボールを運ぶ足と進行方向

を変更するためのパートナーの指示にできるだけ早く反応する。パートナーは、相手が少し不利な体勢でキャッチしなければならないよう球出しをする。

ドリルの説明

プレーヤーはバスケットボールを足元に置き、パートナーは1.5~2m程度離れたところからスタートする。パートナーの指示にしたがい、プレーヤーはボールを運ぶ足と方向(前進か後退か)を変えながら進む。パートナーはテニスボールを投げ、プレーヤーはそれをキャッチして投げ返す。30〜60秒間続けるか、あらかじめ決められた数をキャッチしたら終了。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!