ヒューストン・ロケッツ:ハンドオフボールスクリーンプレー

公開:2023/09/01

更新:2023/08/28

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Houston Rockets: Handoff Ball Screen Basketball Play

ボールスクリーンを使用しようとしているプレーヤーにハンドオフを実行すると、ボールスクリーンから外れたときにディフェンダーに対してアドバンテージを得ることができる。

これはダブルボールスクリーンアクションによく似ているが、ハンドオフを使用すると、ボールを渡したプレーヤーが確実にドリブルでディフェンダーに向かって進み、スクリーンを使って攻撃することが容易になる。 また、通常のボールスクリーンよりもはるかに高速だ。

連続した複数のスクリーンアクションは、ディフェンスにとってガードするがきわめて困難になる。ディフェンスがコミュニケーションをとる必要があり、これによりディフェンス側のミスが発生する可能性が高まる。

プレーの目的

適切なハンドオフスクリーンをセットし、ウイングプレーヤーにボールスクリーンからプレーさせる。

プレーのヒント

ハンドオフスクリーンが優れているほど、ハンドオフでボールをもらったプレーヤーの動きが簡単になる。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開。 皆様からのご質問をお待ちしております。
(18歳未満の方はご遠慮ください)