ヒューストンロケッツ:ホーンズトランジション・ボールスクリーンプレー(2010-2011シーズン)

公開:2021/10/01

更新:2021/09/27

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Houston Rockets: Horns Transition Ball Screens Basketball Play (2010-2011)

トランジションからの素早いアクションで、ボールスクリーンプレーを優位に進める。このプレーが機能するためには、オフェンスプレーヤー全員がフロアを疾走して所定の位置につく必要がある。

プレーのヒント

ボールハンドラーはディフェンダーを読み、ビッグマンは適切なスクリーンをセットする。他のプレーヤーは十分なスペーシングを維持し、ディフェンダーがスクリーンに対してオーバーヘルプに来た場合にシューターになる、またはカットする準備ができていなければならない。

すべてのスクリーナーが、チームメイトのために適切なスクリーンをセットし、献身的にプレーすることがオフェンスを成功に導く。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!