ショットフェイクのやり方を学ぶ

公開:2022/07/29

更新:2022/07/25

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

How to Do a Shot Fake in Basketball

ショットフェイクはバスケットボールの基本スキルの1つであるにもかかわらず、多くのプレーヤーが練習に十分な時間を費やしていない。この動画では、ショットフェイクを行う方法と、ショットフェイクの後に何をすればよいのかを学ぶことができる。

ドリルの目的

ショットフェイクの適切なメカニズムを理解し、効果的な動きができるようにする。

ドリルに必要なもの

ボール1個、パートナー1人。

ドリルのヒント

フェイクでなく、通常のショットに見えるような動きをする。それには、顔と目を使うことだ。ショットフェイクの後はステップバックしない。コートの状況から目を離さない。

ドリルの手順

手を上げてショットを撃つ準備をして、ボールが来たら一歩踏み出すか飛び込む。ボールをキャッチし、バスケットに目を向け、ショットの動きでボールを額に上げる。

仮想ディフェンダーが身体を引いたらボールを一度下ろし、右または左にプッシュする。目を上げて、ワンドリブルする。右利きの場合は、右足を伸ばし、左足をピボット足として使用する。左利きの場合は反対の動作を行う。これで、ジャンプショットのためにプルアップするか、バスケットまでドライブすることができる。プルアップジャンプショットでフィニッシュする。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
皆様からのご質問をお待ちしております!