イン&アウト・トス・テニスボールドリル

公開:2021/02/04

更新:2021/02/22

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

In & Out Toss Tennis Ball Drill

このイン&アウト・トス・テニスボールドリルは、ボールハンドリング、反射神経などを高めたいプレーヤーにとって役立つ。同様に、全体的なドリブルスキルの向上にもつながる。

ボールを見ずにドリブルできるようになることはとても大切で、年齢を重ねるごとに必要不可欠なものになる。

ドリブルをしている間にボールを見てしまうと、ディフェンスの動きを読むことができず、チームメイトがオープンになっていたとしても、そのチャンスを逃してしまう。

ドリブルをしている間に視線を上げ続けるためには、年少のうちから練習し始めるのがよい。テニスボールを使ったドリルは、ドリブルの最中に視線を上げることを練習するには最適で、このドリルでは特にイン&アウトムーブに焦点を置いて練習する。

ドリルの目的

ボールハンドリングとボールコントロールに重きを置き練習する。

ドリルに必要なもの

バスケットボール1個とテニスボール1個。

ドリルポイント

視野を広く、顔を上げ、テニスボールを真上にトスする。その間にバスケットボールを強くつく。ドリルの間は低い姿勢を保つ。

ドリルの説明

アスレチックポジション(膝を軽く曲げ、常に動けるようなスタンス)を取り、片手にはテニスボールを、反対の手にはバスケットボールを持った状態でドリルをスタートする。

テニスボールを空中にトス、その間にボールを強くつき、イン&アウトムーブ(ドリブルでボールを出し入れする動き)を行う。イン&アウトムーブを続けている間は、トスした方でテニスボールをキャッチする。

30秒から1分間、同じ動きを繰り返し、その後反対の手でテニスボール、バスケットボールを扱う。30秒間に2~3回ターンオーバーを起こすくらいのつもりでボールを強くつき、視野を広げ、頭を上げた状態でドリルを行う。

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!