プルスルー・リバースフィニッシュ・ポストムーブドリル

公開:2024/06/21

更新:2024/06/20

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Pull Through Reverse Finish Post Move Basketball Drill

このドリルは、ガードやウィングプレーヤーがペイントにアタックしてきたときに、ブロックにいたポストプレーヤーがどう反応するかを学習するのに最適だ。ポストプレーヤーのディフェンダーはドライブに対してヘルプするために前に出る可能性が高く、ビッグマンはそのシチュエーションを活かして、ボールマンに対して良いパスアングルを与え、バスケットを攻撃するためのスペースを増やすことが重要となる。

ビッグマンにとって重要なことは、できるだけ早く外に出て戻ってくることだ。スペースを作るためにいったんペイント外に出る必要があるが、ボールをキャッチしたらバスケットに向かってアタックする。

ドリルの目的

ポストプレーヤーのフットワーク、ハンドリング、バスケット周囲でのフィニッシュを練習する。

ドリルに必要なもの

バスケットボール 1 個とパートナー。

ドリルのヒント

できるだけ早くアウトサイドに出て、ボールをキャッチしながらバスケットに向かって勢いをつける。動きを強く効率的にする。このドリルでは接触はないが、試合では接触を避けない。パッサーはパスの種類を混ぜて、プレーヤーのハンドリングを鍛えるために、ときどき、わざと悪いパスをする。

ドリルの手順

プレーヤーはブロックからスタートし、パートナーはレーンラインエリアに待機。パートナーが「Go」と合図し、プレーヤーはショートコーナー方向へ動き、仮想ボールマンにスペースを与える。パートナーはハードにパスを入れ、プレーヤーはボールをキャッチしたらバスケットに向かって動く。プルスルーし、身体を回転させてリングの反対側でフィニッシュする。シュートを決めたらボールを回収し、パートナーにパスして繰り返す。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開。 皆様からのご質問をお待ちしております。
(18歳未満の方はご遠慮ください)