ウインドシールドワイパー・ビハインドザバック・ドリブルドリル

公開:2023/11/17

更新:2023/11/14

このコーナーでは、北米で多数のコーチが視聴しているコーチング動画サイトBasketball HQから、おすすめのコンテンツを紹介しています。 ※ジャパンライム株式会社が翻訳掲載の権利を取得した上で制作しています。

Windshield Wiper Behind the Back Basketball Dribbling Drill

このドリルはボールコントロール能力の向上に非常に役立つ。ボールハンドラーとしての能力を高めたい場合におすすめだ。自分自身の現在のレベルを超えるため、失敗を恐れずに、できるだけ速いスピードでのドリブルにチャレンジする。

ドリルの目的

ハンドリング能力を開発し、ボールコントロールに取り組む。

ドリルに必要なもの

ボール 1 個。

ドリルのヒント

アスレチックポジションを保ち、常に目を上げてフロアの状況を確認する。 失敗したりボールを失ったりすることを怖れず、できるだけ速く、懸命にドリブルする。

ドリルの手順

アスレチックポジションをとり、どちらかの手にボールを持ってスタート。ワイパードリブル (前後にスイープドリブル) を 4 回できるだけ速く実行し、身体の後ろで1回ドリブルして反対側に送る。反対側の手で、同じ動作を繰り返す。 30 秒間続ける。

あなたの悩みや疑問に、経験豊富な指導者が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開。 皆様からのご質問をお待ちしております。
(質問者が中高生の場合は、指導者または保護者のアカウントからご質問を送信してください)