特集:データ分析

公開:2020/09/18

更新:2020/10/27

旬の話題を取り上げ、ご紹介していく特集コーナー第1回目は、皆様の興味関心も高い『データ分析』です。
当サイトでは、今後“バスケット力”を向上させる上で欠かせない「データ分析」にフォーカスしたコーナーも設けていますが、はたして「データ分析」とは何なのか。何から手をつけたら良いのか。…興味関心はあるものの、漠然とした思いを抱えていらっしゃる方も多いと思います。

今回の特集では、トップアナリストによるわかりやすい「0からのデータ分析」講座、中学生年代における導入事例、バスケの本場におけるデータ分析、実際の試合映像を使ったゲーム分析、分析ソフトの使用方法…と指導現場に取り入れるイメージが持てるよう、あらゆる面から取り上げてみました。

数字と映像から何を読み取り、活かしていくのか。
今、バスケットボールに必要なスキルを多方面から掘り下げていきます!


Contents

▶︎ 初歩から始めるゲーム分析【前編】/ 恩塚亨

▶︎ 育成年代からできる!映像分析のススメ/ 実践学園中学校

▶︎ 米国大学チームにおけるデータ分析/ 間宮誠

▶︎ ゲームの「みかた」(福岡第一vs開志国際)/ 平良航大

▶︎ 分析ソフトでできること vol.1/ 【SPLYZA Teams】

▼各記事の詳細はリンクから、または下記にてご確認ください。


初歩から始めるゲーム分析 【前編】〜5つのキーファクターに注目しよう〜

東京医療保健大学女子バスケットボール部を短期間で日本一に導いた恩塚亨ヘッドコーチは、かつて日本女子代表チームのアナリストも務め、ゲーム分析について多くの知見を持つ、この分野のトップランナーの一人です。その恩塚氏に、「初歩から始めるゲーム分析」というテーマでインタビューしました。盛り沢山の内容なので、前後編でお届けします!

・最高の練習をして、最大の効果を得るために
・センスを磨くためのセンサー
・Off Eff(Offensive Efficiency)
・eFG% (Effective Field Goals Percentage)
・FT Set(Free Throw Set)
・TO%(Turn Over Percentage)
・OR%(Offensive Rebound Percentage)
・一律の基準で評価することの意味

>>>記事を読む


育成年代からできる!映像分析のススメ

2015年~2019年の5年間で、全中を3回制した実践学園中学校男子バスケットボール部では、普段の練習の中で「映像分析」を取り入れた指導が行われています。今回は、映像分析を取り入れる狙いから、活用方法と効果について紹介します。

・「非認知スキル」を高めるために
・ツール・メディアは「学習の増幅器」である
・常に映像を撮って皆で観れる状態にしておく
・ネット上のアンケートフォームを使って振り返りを共有
・アプリも活用!学年に応じて役割を与える
・客観的にプレーを判断できるようになる
・「映像」を有効活用できるかは指導者次第

>>>記事を読む


米国大学チームでは、どのようにデータ分析が行われているか

現在、Bリーグ三遠ネオフェニックスでアシスタントコーチ兼通訳をしている間宮誠さんは、早稲田大学大学院在学中の2018~2019年に、インディアナ大学女子チーム映像分析班の一員として、1シーズンを過ごした経験を持ちます。
そのときの経験を現職にも活かしているという間宮さんに、米国カレッジバスケットボールのデータ分析、その最新事情というテーマでお話をうかがいました。

・統計学専攻の学生がスタッフとして帯同
・曜日ごとの勝率、ディフェンス効率
・練習時に取るスタッツ
・映像分析のスタッフとソフト
・「目指すべき姿」をイメージさせる
・個別ミーティングのための資料映像づくり
・ライブ撮影+コーディング
・マネージャーやプレーヤーをうまく巻き込む
・入口と出口にフォーカスする

>>>記事を読む


ゲームの「みかた」

~データと映像で切り取るチームの課題と試合のターニングポイント~

2019年3月に行われた「第18回おきなわカップ」決勝戦、福岡第一高校vs開志国際高校の試合映像を、東海大学シーガルスACの平良航大氏がアナリストの視点から解説。データと映像を通した試合分析から見えてきた両チームの課題に迫ります。

・得点の場面を中心に映像を分析
・試合の流れとスタッツ
・ターンオーバーの多さが致命傷に
・ピック&ロールDefでは間合いに注意
・ローテーションDefに改善の余地あり
・データや映像分析はチームプランを「客観的」に見る指標

>>> 記事を読む


分析ソフト【SPLYZA Teams】でできること vol.1

日本国内でも、さまざまなゲーム分析用ソフトが発売され、活用されるようになりました。ここでは、それらのソフトの中から、比較的手軽に導入可能なソフトとして注目されているSPLYZA Teams(スプライザ・チームズ)の開発・発売元である株式会社SPLYZAのバスケットボール分析班の方々に、実際にこのソフトで何ができるのか、を解説していただきました。

・分析するプレーを決めていこう
・分析するプレーをまとめていく
・タグ付けしたプレーを見ていく
・SPLYZA Teams のおすすめポイント

>>> 記事を読む


>>> 「データ分析」コーナーの記事も読む

あなたの悩みや疑問に“あの”名将が答えます。
回答は、当サイト内で順次公開!
名将からのアドバイスでより良いコーチになるチャンスです!